スポンサーリンク




    ミュージアム

    「あやしい絵展」の混雑状況は?空いている穴場の時間帯も調査!

    2021年3月23日から東京国立近代美術館で開催されている「あやしい絵展」は、初日から混雑で、当日券の入場待ちもかかったほどの大人気です

    せっかく行くなら、少しでも空いている時間帯を狙ってゆっくり観たいですよね。

    とくに遠方にお住まいでGW中に泊まりがけで訪館を予定されている方は、せっかく行ったのに大混雑でゆっくり観られなかったら、がっかりです。

    そこで、今回は「『あやしい絵展』の混雑状況は?空いている穴場の時間帯も調査!」として、少しでも混雑を避けられる穴場の時間帯をご紹介します!

    東京国立近代美術館へ直接問い合わせた生の最新情報もありますので、最後までぜひおつき合いくださいね♪

    追記:

    緊急事態宣言発令を受け、「あやしい絵展」2021年4月25日(日)~5月11日(火)は臨時休館です。

    払い戻しも行っていますので、お出かけ前は最新情報をご確認ください。

    あやしい絵展 公式ホームページ (ayashiie2021.jp)

    「あやしい絵展」の混雑状況

    「あやしい絵展」の混雑は初日からすでに始まっています!

    初日がちょうど桜の満開と重なったので、お花見もかねて観に行かれた方も多かったのかもしれません。

    「あやしい絵展」へ行かれた方々の声から混雑状況をまとめました。

    「あやしい絵展」は初日から混雑

    「あやしい絵展」に実際に行かれた方の中には、

    「平日の昼間に混んでいてびっくり」

    「当日券すごい並んでる。会場も混んでて1列目が全く動かない。この時点で来たことを後悔。 」

    「初日だったからか、予約制でも、ものすごく混んでた」

    という声があります。

    「あやしい絵展」は

    • 平日の昼間でも混雑している
    • 当日券を購入するには並んで待たなくてはならない
    • 予約しても混んでいる

    と、かなり混雑していることがわかります。

     

    「あやしい絵展」は平日の昼間でも混雑

    美術館や博物館は通常、平日の昼間は空いているものですが、大人気の「あやしい絵展」は平日の昼間でさえ混雑しているようです。

    東京国立近代美術館へ直接きいてみると、

    平日・土日関係なく、開館からまんべんなくこんでいます。

    平日の昼間にでさえ混雑していて、開館から「まんべんなく」混雑状況はずっと変わらないことがわかります(涙)。

     

    「あやしい絵展」は当日券を購入するにも混雑

    当日券購入のためにはかなり長い列に並んで待たなければならないようです。

    東京国立近代美術館へ直接きいてみると、

    「先週末は混雑のあまり当日券の方の入館を待っていただいた」ので、「予約されてからのご来館をお勧めします」

    つまり、開催後最初の週末で、すでに入場制限がかかったほどの混雑っぷり!

    最初の関門「当日券購入」をクリアするためにも、予約したほうがよさそうです。

     

    「あやしい絵展」は予約しても混雑

    予約すれば当日券購入のために並んで待つ必要はありませんが、「予約制でも、ものすごく混んでた」という声があるように、予約しても混雑は緩和されないようです。

    公式ホームページによると

    「混雑緩和のため、予約優先チケット(日時指定券)を導入します。
    1時間ごとの日時指定となります滞在時間の制限はありません。

    「※4月6日以降のご入場については、30分ごとの日時指定となります。          滞在時間の制限はありません。

    とあります。

    予約制は指定した日時に確実に入館でき、入館までの待ち時間が当日券購入の場合より短いかもしれません。

    でも滞在時間の制限がないため、混雑そのものの解消にはなっていません。

     

    「あやしい絵展」の空いている時間帯は?

    すでに混雑している「あやしい絵展」には空いている時間はないのでしょうか。

    覚悟して混雑の会場に飛び込まなくてはならないのでしょうか。

    そこで、東京国立近代美術館へ直接きいてみると、穴場の時間帯をきくことができました!

     

    開館後を狙え!

    まず最初の穴場の時間帯は、開館後です。

    東京国立近代美術館へ直接きいてみると、

    「開館前からお待ちのお客様が入場された後、10時ごろにいったん落ち着きます」

    9:30開館後、開館待ちの列の入館が終わるのが10:00ごろなので、10:00ごろなら比較的短い待ち時間で入場できるそうです!

    入館前の待ち時間が短くなるだけでも体力がセーブできますね!

     

    土曜の夜を狙え!

    次の穴場の時間帯は、土曜の夜です。

    「あやしい絵展」の通常の開館時間は9:30-17:00ですが、金・土曜は9:30-20:00です。

    東京国立近代美術館へ直接きいてみると、

    「土曜日の17:00頃から、やや空いてきます」

    同じ夜間でも、金曜より土曜のほうが、やや空いているそうです。

    2019年大恐竜展のナイトミュージアムへ行ったものの、暗くてあまりよく見えなかった苦い過去を持つ私は、念のため夜間の館内の明るさをきいてみると、

    「照明は昼間と同じですので、明るさは昼間も夜間も変わりません」

    「あやしい絵展」をよりあやしく感じさせるように、わざと照明を暗くするような演出もないそうです(凝った演出を考えすぎ)。

     

    最終日は避けよう

    当然ですが、最終日は混雑が予想されます。

    過去の東京国立近代美術館の企画展で最終日に観に行ってしまった方々は、

    「最終日で混み過ぎ」

    「最終日だからめっちゃ混んでた」

    と後悔?されています。

    「あやしい絵展」の最終日は5月16日(日)ですから、5月14日からの週末は、たとえ開園後であっても、土曜の夜であっても、かなり混雑するはずです。

    最終週末まで待たずに、早めに観に行きましょう。

    「あやしい絵展」空いている時間帯
    1. 開館後10時ごろ
    2. 土曜の夜

     

    「あやしい絵展」の見どころ

    「あやしい絵展」の見どころは、作品を通し「あやしい」をどう感じるかです。

    作品から受ける印象は人それぞれ。

    ぜひ自分の「あやしい」を感じたいですね!

    自分流「あやしい」を感じる

    「あやしい絵展」の「あやしい」がひらがなであるのが、とっても気になります。

    怪しい、妖しい、奇しい、アヤシイ、いろいろな漢字や文字をあてられますね。

    古語の「あやし」は、不思議だ、神秘的、変だ、珍しい、など、いろいろな意味を持ちます。

    展示を観ながら、自分自身が感じた「あやしい」を考えるのもおもしろいですね♪

     

    絶対に観たい1枚は上村松園「焰」

    私がどうしても観たいのは、六条の御息所を描いたと言われる1枚。

    美貌と教養を兼ね備え、申し分のない身分の完璧な女性であるがゆえにプライドも高く、嫉妬に駆られて生霊と化し葵上を呪い殺してしまう六条の御息所。

    源氏物語の中でも最も魅力的な人物のひとりです。

    一見、静けささえ感じさせるこの絵の中で、彼女の狂気をどう描いているのか、ぜひこの目で確かめたい!

     

    まとめ

    今回は「『あやしい絵展』の混雑状況は?空いている穴場の時間帯も調査!」として、今の混雑状況と、少しでも混雑を避けられる穴場の時間帯をご紹介しました。

    あやしい絵」へ行ってみたいという方は、予約をオススメします。

    あやしい絵展 公式ホームページ (ayashiie2021.jp)

    今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

    スポンサーリンク