スポンサーリンク




音楽

「残響散歌」の歌詞は?【鬼滅の刃】遊郭編オープニングはAimer!

鬼滅の刃【遊郭編】TV放送の主題歌がAimerの「残響散歌(ざんきょうさんか)」に決定!

歌の一部が公開されました。

歌詞とその意味が気になります。

そこで今回はAimer「残響散歌(ざんきょうさんか)」の歌詞を考えてみます。

 

「残響散歌」の歌詞は?

Aimer「残響散歌(ざんきょうさんか)」の一部が公開されました!

歌詞は次のように聞こえます。

音がキーになる歌のようです。

フルで歌詞が公開されたら、より深く歌詞の意味を考えたいですね。

「残響散歌」の歌詞の意味は?

歌の一部しか公開されていないので全体の雰囲気はつかみきれません。

しかし公開された部分がおそらくサビであることから、歌詞も歌の芯の部分と考えられます。

 

「闇間」や「曖昧過ぎる世界」といった、暗く混沌とした世界。

そんな真っ暗闇の世界へ、心を燃やし、叫びながら入っていく。

 

燃える心は闇を照らし、曖昧過ぎる世界をもクリアにする。

明日も考えられなかったほどの暗闇が、炎と「鮮やかな音」で明るくなる。

 

たとえどんなに深い「後悔」やどんなに高い「限界」があったとしても、

「鮮やかな音」はそんなものも一気に消してしまい、「残響」となる。

 

「闇間」や「曖昧過ぎる世界」は、どこから襲ってくるかわからない鬼のいる不安で恐ろしい世界。

そこに、闇を照らす「燃えるもの」と、「後悔」や「限界」をかき消す「音」が入ることで、明日が見える世界になってゆく。

 

このように解釈できます。

 

 

PVを聴いたファンの感激の声

もともとAimerファンだという方も、この曲を聴いてしびれてファンになったという方も。

ツイッターには次から次へと絶賛の声が!

 

Aimer(エメ)はどんなアーティスト?

Aimer(エメ)は2011年にメジャーデビューした女性ボーカル。

熊本出身ということ以外プロフィール非公開で謎多きアーティストです。

見たままの美しさはもちろん、大御所アーティストにもファンがいるほど、実力も充分。

ますますファンが増えそうですね。

https://www.aimer-web.jp/

 

 

まとめ

鬼滅の刃のテレビ放送は、次のとおりです。

年末にかけて、アツい鬼滅の刃が続きますね!

【無限列車編】
10月10日 11:15から放送開始
主題歌:LiSA (オープニング「明け星」 エンディング「白銀」)

【遊郭編】
12月5日 11:15から放送開始
主題歌:Aimer (オープニング「
残響散歌」 エンディング「朝が来る」)

スポンサーリンク