スポンサーリンク




    東京オリンピック・パラリンピック

    村上茉愛に彼はいるの?かわいい体操選手の出身高校や経歴も!

    2021年5月15日に行われたNHK杯で、東京オリンピック出場を決めた体操の村上茉愛(むらかみまい)選手。

    何度もケガに泣かされた末、リオに続くオリンピック出場が叶い、涙のインタビューに感動された方も多いのではないでしょうか。

    泣いてもかわいい村上茉愛選手に彼はいるのか、出身校はどこか、気になりますよね。

    そこで今回は、「村上茉愛に彼はいるの?かわいい体操選手の出身高校や経歴も!」と題し、村上茉愛選手の素顔に迫ります!

    この記事では

    ツグミ
    ツグミ
    ・村上茉愛選手に彼はいるの?
    ・村上茉愛選手の経歴は?
    ・村上茉愛選手ってどんな人物?

    このような疑問を解決します。

    https://thekingoflimbs.jp/tokyo-olympic-paralympic/hatada-hitomi/

     

    村上茉愛に彼はいるの?

    まずは村上茉愛選手の笑顔。やっぱりかわいいですね!

    村上茉愛選手に彼がいるのかどうか、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどを調べてみました。

    が、情報が一切公開されていませんでした。

    本人のSNS写真で男性と一緒に写っている写真も見あたりません。

    2018年に、同じ体操の白井健三選手とコンビニデートがフライデーされましたが、写真を見てもロマンチックな雰囲気が感じられず、付き合っている感があまり伝わってきません。

    村上茉愛選手は現在独身で、恋愛よりも今は競技に集中していると思われます。

     

     

    村上茉愛選手の出身校と経歴は?

    村上茉愛選手の経歴をまとめました。

    生年月日1996年 8月 5日
    身長体重148cm 48kg
    出身地神奈川県相模原市
    所属・学歴日本体育大学
    明星高等学校
    武蔵野東中学校
    主な成績2018年世界選手権個人総合2位、ゆか3位
    2018年全日本選手権種目別ゆか1位、平均台1位
    2018年NHK杯個人総合1位
    2018年全日本選手権個人総合1位
    2017年世界選手権ゆか1位
    2017年全日本選手権種目別ゆか2位
    2017年NHK杯個人総合1位
    2017年全日本選手権個人総合1位
    2016年リオデジャネイロオリンピック団体総合4位

    村上茉愛選手が体操を始めたのは小学3年のとき。

    家族全員が体操経験者という恵まれた環境に生まれた村上茉愛選手は、母に勧められ、池谷幸雄体操倶楽部に所属しジュニア競技会に出場します。

    村上茉愛選手が注目を浴びたのは、小学生の頃に難易度Hの「シリバス(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)」という技を取得したことでした

     

     

    「シリバスH」とは?

    「シリバスH」とは「後方抱え込み2回宙返り2回ひねり」のことで、ルーマニアのダニエラ・シリバシュ選手の名前をとった体操「床運動(ゆか)」の技です。

    女子床運動の難易度は女子はA〜Jまでの10段階に分かれ、0.1~1.0点が配点されます。

    最も難易度が低い「A」を「1」とすると、最高難易度「J」が「10」です。

    難易度「H」は最高難易度「J」から数えて3番目に難しいレベル、10段階の「8」ですので、かなり難易度の高い技です。

    難度が高い技ほど高得点を得られるため、挑戦する選手は増えているそうですが、これを小学生でマスターしてしまうなんて、驚きですね!

    NHK杯でも「シリバスH」を披露。ほんとうにポンポンと弾む毬のようにリズミカルで、人が演じているとは思えないくらいきれいです。

    後方抱え込み2回宙返り2回ひねり

     

     

    村上茉愛選手の高校時代

    高校時代の村上茉愛選手は、友人から、普段から明るく悩みがなさそう、と思われていたそうです。

    笑顔からあふれる明るさは、村上茉愛選手がもともと持っていたことがわかりますね。

    しかし、本当は、大会での演技で着地に失敗したことが原因で、ぎっくり腰と足首の痛みに悩んでいたとか。

    自分がつらくても友人やまわりには明るく振舞っていたところは村上茉愛選手らしいですね。

    きっと、友人に心配をかけたくないという優しい気持ちがあったのではないでしょうか。

     

     

    村上茉愛選手が目覚めた大学入学後

    高校生で世界の舞台も経験した村上茉愛選手が腰痛や怪我に悩んだのは体調管理不足と苦手な練習不足も原因でした。

    日体大に入学後、瀬尾京子監督の叱責で目を覚ました村上茉愛選手は、苦手な練習にも積極的に取り組み、体調管理にも努めました。

    審判の視点を学ぶために審判員の資格も取り、高得点を得る戦略も練るなど競技への徹底した姿勢を貫きます。

    2017年、世界選手権床運動で、日本女子では63年ぶりの優勝、
    2018年には個人総合で銀、と日本女子体操界を牽引する存在へ成長しました。

     

     

    村上茉愛選手の東京オリンピックへの意気込み

    東京オリンピックが2021年へ延期することが決まって愕然とする選手もいる中、村上茉愛選手は1年延期されても自分を見失わなかったといいます。

    大学の設備が使えなかった3カ月間は実家でペットと遊んだり、母と料理をしたりして心身ともにリフレッシュしました。

    東京オリンピック代表が決まったときは、涙ながらにこう語っています。

    ケガがあったりとか、3年間がすごく長かったんですけど…。体操が好きということを改めて分かることができたし、一から競技力も人間力も見直せた。ケガする前より強くなれたと思います。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc4dedaf48c7db70c1cea6c57540e9abef83764b

    右肩上がりの村上茉愛選手が狙うのは、個人総合・団体総合・種目別の床運動・平均台の4つのメダル。

    1964年東京オリンピック団体総合の銅メダル以来、日本女子体操はメダルから遠のいています。

    久しぶりの東京で、メダルを手にした村上茉愛選手の笑顔が見たいです!

     

    まとめ

    以上、「村上茉愛に彼はいるの?かわいい体操選手の出身高校や経歴も!」をご紹介しました。

    リオオリンピックでは着地失敗やバランスを崩すなどして納得のいく結果が出せなかっただけに、東京オリンピックではメダルを狙ってほしいです!

    杉原愛子に彼はいるの?かわいい選手の出身校と経歴も調査!2020年10月の足の怪我を乗り越え、見事、東京オリンピック出場を決めた体操の杉原愛子(すぎはらあいこ)選手。 内定が決まった瞬間...
    スポンサーリンク